ハチミツの色の使い分け | sHoney

2020/07/01 07:33

皆さんはハチミツの色の違いを楽しんでいますか?

普段何気なく食べているハチミツには色の種類が様々あります。


白だったり黄色だったり、茶色かったり黒だったり、赤みがかっていたりと季節や花の種類、花の咲く場所や森によっても同じ種類の花でも色の違ったハチミツが作られます。


沢山の種類のハチミツを色で使い分けてみると、よりハチミツの効果を享受することができます。




例えば黒いハチミツ

今日はすごく疲れてる、運動の為のエネルギーが今すぐ欲しい、日中の活動を元気に過ごしたい、イマイチやる気が出ない方に即座にエネルギーを作り出し活性のスイッチを入れてくれます。


そして黄色いハチミツ

交感神経が優位になっている日中を過ぎ、ホッと一息ついて甘いものが食べたくなる瞬間がありますよね。

そんな時に黄色いハチミツを食べると仕事で疲れた体や脳を修復させるエネルギーを作り出してくれます。


そして白いハチミツ

PUFA(多価不飽和脂肪酸)を含む食事や飲み過ぎ食べ過ぎた後に消化、代謝の為のエネルギーを作り出し未消化物を溜めない体作りの手助けとなってくれます。

良質な睡眠を取るのにもエネルギーが必要なので、眠る前にひとすくい食べてみると睡眠の質を上げてくれますよ。

この様にハチミツには日常生活の質を上げるには欠かせませんが、健康でエネルギーが十分にあれば何を選んでも自由な気はします。

けれど慢性的な症状や慢性疾患をお持ちの方には、朝昼晩と色の違うハチミツを是非使い分けてもらいたいと思います。


効能を知りたい場合は、ハチミツが作られた元になっている植物の作用を調べてみても面白いかと思います。


s‘Honeyでも【黒】【黄色】【白】のハチミツを取り扱っておりますが、現在在庫切れの商品が多数となっています。

今後は三色のハチミツも入荷予定ですので、楽しみになさってくださいね!